So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

女王国の城 有栖川有栖 [推理小説 ミステリ]

学生アリスの4弾です。

謎の失踪?をした江神を追って、サークルのメンバーが彼を探しに、ある新興宗教の本部をおとずれる。

山奥にあり村全体が、宗教団体みたいなところ。

そこで殺人事件に巻き込まれていく。


期待値が高かった為に、判定は低めだった。

でもまあ、色々な絡みがあり上手く仕上げていました。

★★★☆☆

女王国の城 上 (創元推理文庫)

女王国の城 上 (創元推理文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: 文庫



女王国の城 下 (創元推理文庫)

女王国の城 下 (創元推理文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

黄色い部屋の謎 ガストン・ルルー [推理小説 ミステリ]

犯行が起こった黄色い部屋の中に、駆けつけると犯人は消えていた。

様々は証拠が残されているのに、犯人だけが忽然と消えていた。

密室ミステリの名作古典です。

けれど色々踏まえて考えるとそうにしかならない答えがある。

それになかなか探偵たちが気付かないほうが、おかしいとも思ったのだが。

読者を脇道にそらすための技だろうが。

解決後はガックリきました。色々自分で思案している時のほうがおもしろかった。

★★★☆☆


黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)

  • 作者: ガストン ルルー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

平の将門 吉川英治 [小説 (ミステリ以外)]

私の持っていた教科書程度の平将門感が反転した。

怨霊と恐れられたりしているから、よっぽど残忍で野心が強いと思っていたのだが違った。

逆に怨霊にされたり将門を祀る建物が多いってことは、それだけ人から支持されているってことなんだな。

★★★★☆
平の将門 (吉川英治歴史時代文庫 (46))

平の将門 (吉川英治歴史時代文庫 (46))

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/05/09
  • メディア: 文庫



タグ:吉川英治
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

そして扉が閉ざされた 岡嶋二人 [推理小説 ミステリ]

金持ちの娘が不審な死を遂げた。警察の判断では事故死。

その娘の男女4人の友人たちが、彼女の遺族によって地下シェルターに閉じ込められる。

何故自分たちが監禁されるのかわからない。 

必死でシェルターから脱出しようと試みるが。

もしかしたら事故死ではなく、この四人の中に犯人がいるのかと疑心暗鬼になっていく。


ほとんどの物語が、シェルター内で進んでいく密室劇。

結末が意外な方向に向いて面白かった。

テレビドラマに向いている内容かな。

★★★☆☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

メタルギアソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット  伊藤計劃 [小説 (ミステリ以外)]

メタルギアソリッド4のノベライズです。

主人公スネークの相方、オタコン視点で書かれた本です。

オタコンの話言葉が多く、だけれども、って使い方が多く読みにくいことがありましたが。

ゲームでも10何時間あったムービーだが、ゲームしているのでイマイチ理解できていなかったことが、この本で理解することができました。

メタルギア4だけじゃなくて、1、2、3とmsxの時の話にも触れられており、ゲームをしたこと無い人でも理解はできるようにはされていましたが、実際ゲームをしたことないとちょっと難しいようにも思えました。

この本に触れて伊藤計劃さんの、他の本にも興味を持ちました。

しかしもう亡くなられたのこと残念です。

メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)

メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)

  • 作者: 伊藤 計劃
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。