So-net無料ブログ作成

メビウスの殺人 我孫子武丸 [推理小説 ミステリ]

東京で連続殺人事件が発生する。

金槌での殺人と、絞殺が交互に起こる。犯人は二人?

殺人現場には謎の数字が書かれたメモが残されている。メモが意味するものは?

無差別殺人なのか、意味があっての殺人なのか?被害者たちに関連性は見当たらない。


ユーモア溢れる小説でした。

トリックは今みればたいしたことないかもしれませんが、大分前の作品だからしかたないでしょう。

メモの謎がとてもみじかな物で笑えました。

★★★☆☆
メビウスの殺人 (講談社文庫)

メビウスの殺人 (講談社文庫)

  • 作者: 我孫子 武丸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/05
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

蒼竜窟

コースケさんnice!ありがとうございます。
by 蒼竜窟 (2010-12-15 15:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。