So-net無料ブログ作成

姑獲鳥の夏 京極夏彦 [推理小説 ミステリ]

20数ヶ月も身篭ったままの女。

その夫は密室で消えた。

不可解な謎を、京極堂が解き明かす。


初めて京極さんの小説を読みました。

読み始めの感想は、圧倒的な情報量。

なかなか本題にはいらないし。

この作者の頭は一体どうなってるんだろうと思ったりした。

しかし、凄くおもしろい。止まらない。

ミステリとしての謎は大したことはないと思ったが、それ以上の物があるので構わない。

登場人物の個性が光ってるし。

最後は後味の悪いものだったが、京極さんのドロドロした世界観良くわかる一冊でした。

★★★★☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。